お知らせ

一足早く春を感じる ~球根の花たちNo.2~

前回のコラムでは今の季節おすすめの切り花としてチューリップとヒヤシンスをご紹介しました。
今回は長く楽しむためのポイントをご紹介したいと思います。

楽しむためのポイント

・涼しい場所の方が長持ちする
長く楽しみたいなら飾る場所も大切です。
寒い冬、暖房をつけて人が長時間くつろぐような温かい室内は花の開花を早めます。
なるべく涼しい場所に飾りましょう。可能なら暖房器具を使っている時は移動させるなどしてあげると
人も花も快適に過ごせますね。

・花器の水は量を少なめに
チューリップ、ヒヤシンスともにユリ科の球根植物で茎が太めで柔らかいことが共通しています。
花器の水量が多いと傷みが早まるので、茎が3cm位浸かっているくらいで大丈夫。
(花器が小さい時、本数が多い時は水切れに注意してください)

・切り口のぬめりに気を付けて
切り口のぬめりは水を汚します。こまめに水を取り替えて清潔な水を保ちましょう。
台所用漂白剤を数滴花器の水に垂らすと水が汚れにくくなります。

・茎が伸びる。そんなところも楽しんで!
あれ、買った時よりも伸びてる?良く観察すると茎が伸びていることに気づきます。
花が開花するにつれて茎も少しずつ伸びていきます。環境によっては花の重みで折れそうなほど枝垂れることも。
茎を短くしていくとそんな心配も減りますが、特にチューリップは自由に形を変えながら
のびのびと生長する姿も芸術的で面白いので、楽しんでみるのもおすすめです。

花を飾って春を待とう

今回は球根の花という事でチューリップとヒヤシンスについてお伝えしました。
鉢や庭、花壇などの球根が動き出すまではまだ少し。
春の切り花を飾って、待ち遠しい春を一足早く楽しみませんか。