お知らせ

「観葉植物」冬も元気ですか?

 

夏の季節、新緑の鮮やかな緑に心惹かれて、「ウンベラータ」を育てて三年になります。

皆さんもお部屋で「観葉植物」を育てていますか?

今回は観葉植物を冬も元気に育てるポイントをお知らせしますね

 

 

 

 

 

 

 

ポイント①《水やり》

冬は鉢底から流れ出るほどたっぷりの【ぬるま湯】をあげます。水がしっかり切れてから受け皿に戻しましょう。

乾かし気味にすることによって寒さから身を守ることが出来るので土の表面が乾くまでグッと我慢、2~3日後にまた水やりをしましょう。

土の表面が濡れる程度の水をちょこちょこあげるのはNG、雑菌の繁殖で植物は枯れてしまいます。

ポイント②《肥料》

観葉植物の中には春から夏の間に成長して、秋から冬は休眠期に入るものも多くあります。

元気に育ってほしいと栄養をたっぷり上げるのは成長期です。

冬はいったんストップするかゆっくりと効く【緩効性の固形肥料】がおすすめです。

ポイント③《置き場所》

陽の光、水、風】がとっても大切!

観葉植物は風通しのよい所が大好きです。お部屋のコーナーなどは空気の流れがなくて病気や害虫が発生しやすいのでNG

また暖かい日には外の陽の光を浴びせてあげましょう。

できれば水やりもかねて葉っぱの上から水をかけホコリを流してあげるのもいいです。

先日、お客様から「ちょっとお聞きしてもいいかしら?」「大切にしている観葉植物の葉がみんな黄色くなってパラパラ落ちちゃうのよ~何がいけないのかしら」と聞かれました。

偶然にもその観葉植物は「ウンベラータ」だったのです。今回は実体験も含めてお話をすることが出来てお客様も安心してお帰りになりました。

愛情を注いで大切に育てている植物は家族のようですね。フラワーライフ前橋、敷島店では寒さに強いフィカスやストレチア、ユッカ、モンステラをはじめ耐寒性のある観葉植物を多数取り揃えています。また以外にもサボテン寒さに強いのでおすすめです。

是非、新しい家族に迎えてあげてください、スタッフ一同お待ちしております。

 

フラワーライフ前橋