お知らせ

自宅で花手水

みなさん、「花手水(はなちょうず)」をご存知ですか?

最近インスタグラムで流行しつつあるので、一度は見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

主に神社やお寺にある花手水ですが、最近は新型コロナウイルスの影響で出かけることが少なくなっている方も多いと思います。

ですので今回は、自宅で過ごす時間が長くなった分、自宅で楽しめるような簡単に作れる花手水を紹介します。

 

 

花手水とは

そもそも“手水”とは、神社や寺院でお参りする前に境内で手や口を清める手水舎のことです。

最近は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、手水を控える寺社が多くなってきました。そこで参拝者に少しでも和んでもらおうと、色とりどりの花を手水舎や手水鉢に飾る「花手水」が全国に広まりました。

各神社やお寺によってさまざまな特色があり、インスタ映え間違いなしの美しさです。

自宅で花手水を作ろう

神社やお寺の手水舎・手水鉢のような大きなものでなく、少し深めのお皿やボウルを活用すると誰でも簡単に作成することができます。

花は頭だけを使用するため、つぼみの花よりは大きく咲いているものを選ぶとより華やかになります。

水を張った器に好きな花を浮かべていきましょう。花はびっしり浮かべても水面が見えていても綺麗なので、ぜひ自分好みの花手水を作ってみてください。

小宮のおすすめの花は、みなさんの身近にあるそろそろ咲き始めるたんぽぽオオイヌノフグリや、母の日でおなじみのカーネーション、元気で明るい太陽のようなイメージのガーベラ、大きく存在感のあるダリヤです。

 

 

 

 

 

近くの神社やお寺に出かけるのもいいですが、この機会に花手水を作って自宅を癒しの空間にしてみてはいかがですか?

フラワーライフには、たくさんの種類の花がありますので是非一度お立ち寄りください。皆様のお気に入りの花を見つけるお手伝いをさせて頂きます!

 

 

フラワーライフ高崎 小宮