お知らせ

初彼岸のむかえ方

春と秋の年に2度訪れるお彼岸。

ご先祖様に祈りをささげる日本独自の行事です。

今回は、故人亡くなられてから初めてむかえる”初彼岸”についてと、供花の選び方についてご紹介します。

 

そもそも初彼岸とは、故人が亡くなられてから初めて迎えるお彼岸のことです。

四十九日が済んでいないうちにお彼岸の時期をむかえた場合、その次のお彼岸が初彼岸となります。

用意するものは?

初彼岸に関わらず、お彼岸に欠かせないものは”供花”です。”仏花”とも呼ばれています。

「ご先祖様に楽しいものを捧げ、ご先祖様をお飾りする」「花を供える人の心を清める」など、地域や宗派によって著説はありますが、これらの理由があるとされています。

花の他には、牡丹の花に見立て春の彼岸に供える「ぼたもち」。萩の花に見立て秋の彼岸に供える「おはぎ」も定番のお供えものです。

どんな花が良いの?

初彼岸、お彼岸に供える花には明確な決まりはありません。季節の花や、故人の好きだった花を供えてもいいと思います。

墓前には左右1つずつ花瓶が備わっています。お供えの花は2束で1対となります。もしすでに花が供えてあった場合は、先に飾ってある花を生かしましょう。持参した花の中から少し足すと、より華やかになります。枯れたり、しおれている花は取り除き、水を新しくすると長く飾れます。

 

いかがでしたか?

フラワーライフでは、お彼岸切り花フェアを3/16~/24まで開催しています。

お彼岸の花は、フラワーライフにお任せください!