お知らせ

観葉植物の寄せ植え

寄せ植えとは、ひとつの器にさまざまな種類の花苗を一緒に植えて楽しむものです。

育つ環境が似ている植物を組み合わせて、スペースがなくてもご自分の好きな花や色で、オリジナルを作る事ができ、複数の植物を楽しむ事が出来ます。

寄せ植えは難しそうだと思われがちですが、園芸初心者の方でもコツさえ押さえれば簡単に出来ます。

今回は我が家の観葉植物を寄せ植えしたのでお話ししたいと思います。

                                                            メインはアンスリュームです。根がはり、鉢が小さくなってしまったので、一回り大きな器に植え替えるタイミングです。同じく成長したポトスを支柱で上にはわせ、一緒に寄せ植えを作ってみます。

そして根本には、今回新たに購入した、ツル性で横に広がるワイヤープランツと、特徴的な葉脈が美しいフィットニアを植えます。

寄せ植えのやり方

                                                           根腐れ等を防止する為、鉢底に穴の空いている器を用意します。

鉢底にネットを敷き、鉢底用の石を鉢の高さの1/5ほど入れ、観葉植物用の土を入れます。

まず最初に入れる植物を、鉢やポットから出し余分な土をはたいておきます。背の高い支柱とポトスを一番後ろ側に入れ、メインのアンスリュームを中心に、花の向きが正面になるように植えます。この時、器より高くなりすぎず、また低く埋まりすぎないように、土の高さを注意します。

次にワイヤープランツとフィットニアを配置して、隙間にしっかりと土を入れます。

最後に葉に、水がかからないように、たっぷりと水をあげます。新しい土は水を吸収するのに、時間がかかりますので、ゆっくりと何回かに分けて水をあげます。

 

 

観葉植物の寄せ植えの完成です。

今回は、我が家の植え替えのタイミングで、観葉植物の寄せ植えのご紹介しましたが、今後もこのコラムで、色々な寄せ植えも発信していきたいと思います。

フラワーライフでは季節の花苗や観葉植物も多数取り扱っております。

寄せ植えに興味はあるけど、どんな組み合わせがよいかなどぜひご相談下さい。

 

 

フラワーライフ太田  石川