お知らせ

実りの秋に

10月に入り、8日には二十四節気の一つである「寒露」を迎えて秋の野山の草や木、花々も大分秋らしくなってきました。

いつもと同じように季節の移り変わりを感じて、励まされながら、私たちは少しずつ笑顔になれているのかも知れませんね。

今回は「恵みの秋」「収穫の秋」として自然の中でたくましく、そして健気に成長を続けて私たちに恵みをもたらしてくれる果樹、その中でも人気が高まっている「レモン」をご紹介させていただきます。

育てやすいレモンの種類

1.リスボン

2.マイヤーレモン

3.ユーレカレモン

日本の気候でも生育できる種類としては

寒さに強い品種の「リスボン」がおすすめです。

その中でも、とても寒さに強く病気にもなりにくく、

さらにはレモンの収穫量が2倍で皮が薄くてジューシーな「璃の香(りのか)」が特におすすめです。

植え付けは春と秋が良いです。

苗木は10種類程あり、10月に多く出回ります。

植え付けのポイント

1.苗木の2倍の鉢《スリットポット》を用意する

2.土《培養土8:赤玉土2(小粒)+肥料(元肥専用)》を用意する

3.ハサミでを切り落としておく

4.接ぎ木部分を土から出して、 ウォータースペースをとって植える

5.主軸に支柱で添え木をする

6.下から流れ出るまで株元からたっぷり水をあげる

先日、春にお買い求めになったお客様に【可愛いレモンの写真】を見せていただいて、フラワーライフのスタッフもとても嬉しくなりました。

レモンなどの果樹は陽の光が大好きです。

日あたりを求めて動かすことができる鉢植えでも楽しめます。

柑橘系の香りは気分をリフレッシュさせてくれて、さらにレモンの穫の喜びも味わえます。

我が家では毎年レモンシロップを作ってレモネードを楽しんでいますよ♪

皆さんもぜひ、育てて、楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

フラワーライフ前橋  今井