お知らせ

花瓶で楽しむコツ

花束を頂いたり、お庭のお花をおうちで楽しむときに活躍するのが花瓶です。

今回は、簡単に楽しめる花瓶のコツをご紹介していきたいと思います。

 

花瓶の選び方

初心者にもオススメなのは、口の狭い花瓶やくびれのある花瓶です。

口やくびれの部分で花や茎を支えやすく、高さがある花や、複数の花を生ける時も、比較的楽に位置を決めることができます。

特にガラス製のものは、インテリアにも馴染みやすいです。

手頃な花瓶がおうちにない方でも、ミルク瓶やグラスなどで手軽に代用することができます。

花瓶の高さは、花の高さの40%-60%を目安にするときれいに見えます。

花を生けるときのポイント

花が長すぎる時は、花の重さで折れないように茎をカットして整えます。茎が短い方が水上げもよく長持ちします。思い切って切ってみましょう。

茎は斜めにカットし、水を吸い上げる断面を大きくします。また、水に浸かる葉は取ります。

 

水は清潔で、水温が低い方が長持ちします。こまめに水を取り替えること、特に今のように暑い季節は、氷を入れてみるのもアリです。

 

花が安定しない時は、包装されていたセロファンを丸めて入れたりすると引っかかりやすくなります。

花瓶の口にセロハンテープをクロスに貼ってみるやり方もあります。

 

色々な飾り方

 

花瓶の飾り方で簡単でオススメなのは、下にコースターなどをひくこと。折り紙も素敵です。

なしの時より華やかに見えますよ。

 

 

 

 

試験管も最近流行っていますね。

同じ花もあえて小分けにして生けると違った美しさが見えてきます。

 

 

 

 

 

 

私の家では丸い花瓶にハーバリウムのようにお花を入れたりもしました。

花は水中に入れると長持ちしませんが、葉がコーティングされているアイビーや多肉植物のグリーングラスなどは水に強いです。

 

 

 

 

前にもご紹介しましたが、花手水もお花を最後まで楽しめる生け方ですね。

 

 

 

 

 

 

 

みなさんも肩の力を抜いておうちでお花を楽しんでみてください。

フラワーライフでは花一本からでも喜んで販売いたします。

 

フラワーライフ高崎 松尾